更新情報

ニュース 2017.10.23

平成29年度 紙リサイクルセミナーに参加しました

10/5(木)に行われた「紙リサイクルセミナー」に参加してきました。

 

このセミナーは、「古紙の回収・利用の促進を図ることにより、生活環境の美化、紙類の安定的供給の確保、森林資源の愛護に資し、もってわが国経済の健全な発展と豊かな国民生活の維持に貢献することを目的とする」公益財団法人 古紙再生促進センター主催のもので、紙のリサイクルを通して環境保護を目指す私たち熊谷紙業として大変興味深い内容です。

 

平成29年度の今回の内容は、

  1. 東南アジアの紙リサイクルについて-アジアの古紙需要の安定化をめざして-
  2. 米国及びEU諸国の資源回収システム
  3. オフィス発生古紙の実態と紙媒体の機密文書処理

として、リサイクル後進・先進諸国の現状と取り組み事例・特色についての紹介と、私たち日本での排出古紙の現状と機会点についての講演でした。

 

いずれの内容も、私たちリサイクルのプロフェッショナルとして非常に興味深く参考になりました。

そのなかで、いま日本で私たちがさらに取り組んでいくべきこととして、③の内容をかいつまんでご紹介したいと思います。

 

今日まで日本では、行政・事業者の取り組みも盛んになりリサイクル比率も高まり、回収率が新聞・段ボールは約95~99%、原料紙の大部分が再生紙によって作られているほどで、雑誌も92.9%(H28年度)とのデータが紹介されています。

 

一方で、オフィスペーパーやシュレッダー紙は50%前後と、半分ほどもゴミとして廃棄されています。

この廃棄分が、そのまま私たちがまだまだ大きくリサイクル化を推進できる大きな機会点となります。

 

ゴミの削減と貴重な製紙原料の確保で一石二鳥。みなさまも、環境活動の次の一手としてオフィスペーパーにフォーカスしてみてはいかがでしょうか?

 

私たちは、そういった紙の資源化活動を全力でサポートいたします!