更新情報2015年1月

お役立ち情報 2015.01.31

学校向け放置(廃棄)自転車回収について

熊谷紙業では、古紙や機密文章などの紙類の回収の他に、アルミ缶などのアルミ類や、ステンレス製の廃棄品の回収も行っております。

最近では、大学などの学校向けに、放置(廃棄)自転車回収の回収の依頼も受けることが多くなってきました。

学校向けには、卒業する学生が、そのまま学校の駐輪場に自転車を置いたまま卒業してしまうことが多いようで、放置(廃棄)自転車がたまってしまうことがよくあるようです。

そこで、年度の切り替えシーズンなどで、駐輪場のスペースをつくるため、依頼主様の了解のもと学校様に向けた自転車の回収を行っております。

放置自転車にお困りの学校様がいらした場合は、ぜひご相談ください。

また、学校様には、古紙や機密文章回収の他、使わなくなったパソコン(バージョンの古くなった旧パソコンなど)の回収も行っておりますので、廃棄にお困りなものがあれば、ご相談ください。

回収エリアについて

お役立ち情報 2015.01.30

大規模商業施設(ショッピングモール)様などから出る廃棄ダンボールの回収(買取)についてのご案内

熊谷紙業では、大規模商業施設(ショッピングモール)様などから出る廃棄ダンボールの回収(買取)についてご案内いたします。

アパレル・飲食・スーパーなどの大規模商業施設様からは、毎日多くの廃棄段ボールが出るかと思いますが、当社では、その廃棄された段ボールをパッカー車で回収に伺っております。

熊谷紙業では、大規模スーパーや新聞店などから廃棄される古紙を定期的に回収に伺い、回収量に応じて、資源として『買取した金額』をお支払しております。
※当社は、個人の方に向けたダンボール回収は行っておりません。

大規模商業施設様へ、当社のパッカー車が出張し、ダンボールを回収。

※ 回収量に応じて、定期的に回収に伺っております。

回収したダンボールは、当社の工場にて回収量を測定。

後日、回収した量に応じた金額を紙の資源として『買取した金額』をお支払いしております。

ダンボールの箱

こちらのダンボールの回収では、運送会社、配送工場、加工工場などへの回収が多いです。

回収の流れに関しては以下の動画でも説明しております。

処理の工程 http://kumagayasigyou.com/flow/#paperArea

熊谷紙業では、ダンボール(段ボール)を、資源として回収し、リサイクル工場に配送しております。

ダンボールは、リサイクル工場にて、再生紙として生まれ変わります。

ダンボールの回収・買取をご検討の工場様は、熊谷紙業までお問い合わせください。
※当社は、個人の方に向けたダンボール回収は行っておりません。

回収エリアについて

リリース 2015.01.25

熊谷紙業の法人・学校向けの古紙・機密文書の回収エリアについて

熊谷紙業の法人・学校向けの古紙・機密文書の回収エリアについてご紹介いたします。

古紙・機密文書の回収エリアは上記のマップの通りで、埼玉県の南部・北部を含む全域、東京都の全域、群馬県、栃木県、茨城県、千葉県、神奈川県などにも回収に伺っております。

赤枠のエリアは、現在弊社がお取引の多いエリアとなり、黄色枠のエリアは回収量に応じて回収に伺わせていただいているエリアとなります。

古紙・機密文書の回収をお考えであれば、お見積もりは無料となっおりますので、お気軽にお問い合わせください。