更新情報2018年6月

新着ニュース 2018.06.22

環境展2018

取引先企業様よりご招待をいただいて、5月22日(火)~5月25日(金)に開催された「環境展2018」に参加してきました!

この環境展では資源リサイクルから廃棄物処理関連企業の取り組みや製品紹介、各行政の取り組みの紹介や大学の研究発表などの展示が行われていました。「紙のリサイクル」で循環型社会への貢献を目指しているなかで、こうして環境問題・資源の活用について紙以外にもプラスチック、廃油など広く業界全体を見てみる機会に触れることで、改めて私たち熊谷紙業が取り組める環境活動や社会的責任を再考することができました。

 

 

 

研究発表や行政・団体の新しいアイデアなどにハッとさせられたり、重機などの展示コーナーで、仕事にまったく使わない重機やいろいろな機材に夢中で見入っちゃいました!!

私たちリサイクルの企業としては、分別・洗浄や圧縮梱包など、新しいニーズに応えた機器や、カスタマイズ例などメーカーの説明にもすごく興味を持ちました。

持続可能な循環型社会の構築・・・私たちも日々日々どんなことができるのかを考えてアンテナを張り、一端を担う企業として成長・発展を目指していきたいと改めて想いを強くしました!

 

 

 

 

新着ニュース 2018.06.22

クラウドコンピューティングの説明会に行ってきました

取引先業者様よりご招待をいただき、クラウドコンピューティングに関するセミナーへ参加してきました。

 

私たちの仕事は取引先様から段ボール等古紙を回収することですが、ざっくりした流れでは①回収のご依頼の受注→②配車→③回収作業→④計量・伝票作成→⑤品物の受け入れ・管理といった感じになっています。

この流れの中に、回収作業を行うドライバー部門、お客様の窓口となる営業部、事務部、品物の受入保管・加工・出荷を行う工場部門があり、取引先様にとってより良いサービスを提供するために各部署の連携をスムーズにしたり、はたまたそれぞれの部署内での業務を効率化したりといったアイデアを日々出し合っているわけです。

 

今回のセミナーでは、そんな業務の改善につなげるためのITツールの導入事例などを聞いてきました!

データをクラウド管理して作業者それぞれがアクセスし共有したり、スケジュール管理ツールを共有して会議予定の調整や配車をしやすくしたり、顧客情報の管理の安全性を高めつつも配車ルート作成や伝票管理も紐づけて一括管理したり、離れた場所の部員とテレビ電話で会議したりチャットで会議しつつログとして残したり…

ツールの説明とともに導入事例を聞いて「なるほど便利だなぁ」「ウチにも当てはまるなぁ」と感心しきりで、面白かったです。

 

ここ数年でますます関心を集めるIT化、こんなこともできるんだ!といった発見がたくさんありました。同時にこういったITツールを魔法の道具と思うのでなく、大事なのは、いまの自分たちの仕事がどうなっているのか・もっとよくできる所がないのか。それをよく考えて、アイデアや必要性ありきでのツールの活用を考えなくてはなりませんね!

 

これからも、お客様からの荷物の預かり~お会計、荷物の管理でより迅速・正確なサービスを提供するべく、いろいろな視点から仕事の改善を考えていきます!